ダージリンティーの特長

人気の高い紅茶の1つ、といえばダージリンではないでしょうか。

このダージリンという名前の由来は、茶葉のふるさと、インド北東部のダージリン地方です。

ダージリン地方を原産地にした紅茶を総称してダージリンティーとよんでいます。

ダージリンティーは紅茶のシャンパンの異名があり、セイロンのウバティー、中国のキーマンティーと並んで世界の三大紅茶のひとつです。

ダージリンティーの特長としては、香りが高いことでしょう。

香りを楽しむ紅茶なので、砂糖やミルクを入れずにストレートで楽しむのがおすすめです。

ダージリン地方は標高が高い山地での紅茶の栽培になるため、寒暖差が激しい気候で育つ紅茶は、香りが強く仕上がります。

マスカットに似たフレッシュな香りが他の紅茶との違いです。

紅茶は茶葉が発酵してできるのですが、ダージリンティーの春摘みの紅茶は、発酵が浅めで、緑茶のような味と香りが楽しめます。

春摘みの紅茶をファーストフラッシュと呼びます。

茶葉の先端を摘んで乾燥させては中の水分をもみだして、丁寧に紅茶作りが行われます。

甘味のあるフレッシュな香りはダージリンティーの特長です。

色は薄めのものも多く、繊細な紅茶の味と香りが楽しめる茶葉です。

お気に入りのカップやポット、茶こしなどをそろえ、リラックスしたティータイムを楽しみたいですね。

ブレンドティーが主流の紅茶はダージリンティーの配合などにより、品質はさまざま。

自分だけのお気に入りを見つけるのも、紅茶好きの醍醐味です。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント